• ホーム
  • 降圧剤とバイアグラの併用とコラーゲンで高血圧予防

降圧剤とバイアグラの併用とコラーゲンで高血圧予防

2019年07月10日
女性と医者の男性

バイアグラは、ED(勃起障害)の治療に使われる薬です。
EDが起きてしまう原因の多くは、血流障害です。
特に加齢によって動脈硬化が進みやすくなると、EDのリスクも高まります。
EDは、局部で血流障害が起きている状態です。
他の部位の血管に比べると局部の血管は細く、直径1mm程度しかありません。
そのため、体のなかでも血流障害が起りやすいです。
バイアグラは、血管を拡張させて血流障害を改善させる薬です。
EDそのものを治す薬ではなく、あくまで一時的に血管を広げて血流改善させます。
バイアグラはED治療に非常に有効な薬ですが、降圧剤を飲んでいる人は使えない可能性が高いです。
降圧剤とバイアグラを併用してしまうと、過度に血圧が下がってショック状態に陥る危険性があります。
狭心症の治療薬として使われる硝酸剤も、バイアグラとは飲み合わせが悪い薬で、併用禁忌となっています。
高血圧の人はEDにもなりやすいと言われていますから、もし降圧剤を使っているのなら、必ずED治療の医師に伝えておきましょう。
命の危険性があります。
高血圧の予防に有効と言われている成分として、コラーゲンがあります。
コラーゲンは美容分野で登場する成分ですが、血管の主成分でもあります。
加齢に伴い、体はみずみずしさを失って弾力を失っていきます。
これは血管も同じことで、弾力を失い硬くなっていきます。
これが動脈硬化です。
コラーゲンは繊維状の物質で、弾力に富んでいます。
血管の傷を修復するのはコレステロールですが、これはコラーゲンが修復しきれなくなった後に起こる反応です。
つまり、コラーゲンを日常的に摂取してくれば、コレステロールで動脈硬化が進むのを抑えて、弾力に富んだ血管を維持できるということです。

関連記事
降圧薬の使用による血圧管理とパイナップルによる療法

高血圧になってしまった際には自覚症状がなくとも降圧治療を行うことが重要視されます。病気にかかるとその自覚症状が気になるからこそ医療機関を受診して薬を処方してもらうというのが通常の人の考え方です。風邪を引いたら風邪薬を飲みますが、その症状が我慢できる範囲なら飲まないという人も多いものです。そういった考

2019年09月21日
数値定義される高血圧治療に使う降圧剤と薬の相互作用

高血圧治療において目標とされるのは血圧を高くしてしまっている原因を取り除くことであると共に、血圧の値を降圧薬によって正常域に維持することです。高血圧の原因となっているものは心臓や腎臓などの疾患が原因である場合もあり、はっきりとした原因疾患がある場合にはその治療が進められていくことになります。一方、そ

2019年08月24日
ARBと呼ばれる種類の降圧剤の心臓肥大への効果

ARBとはアンギオテンシン受容体阻害薬(angiotensin receptor blocker)の略語で、高血圧症治療に用いられる一種の薬物群の総称です。ARBの具体例としてはオルメテック、ミカルディス、アジルバ、ブロプレス、ディオバンといった薬が挙げられます。ARBはレニン-アンギオテンシン-ア

2019年07月25日
痙攣などを起こす動脈硬化を防ぐ降圧治療と血管年齢

日本においては国民病となりつつあるのが高血圧であり、高齢者になると半数が罹患するという状況ができています。若年化が深刻になってきているということも大きな医療問題として取り上げられるようになってきているのが事実です。血管内の圧力が高い状態が維持されてしまうことによって血管にストレスがかかり、それによっ

2019年06月12日
血液の流れを良くするための療法

血圧が高いと言うことは、血管に強い負担がかかっていると言うことです。そしてまたその負担に耐えようとするため、血管が分厚くなり、特に内部においてはコレステロールなどが付着しやすい状態にもなっています。これが進行すると、動脈硬化と呼ばれる状態になります。これらが進行すると、血液の流れはどうしても滞りがち

2019年05月26日
朝の目覚めを良くするストレッチ方法

朝の目覚めが悪いという人は多いものです。低血圧だから目覚めが悪いという人も大勢いますが、高血圧の患者であっても朝の目覚めが悪いということは珍しくありません。寝ている間に身体が硬直してしまってよく動かなかったり、血流が滞ってしまっていて頭に血が回らなかったりと人によって症状は様々です。しかし、概して言

2019年05月16日